2008年04月27日

はじめて殺陣を習った日

僕は今時代殺陣を中心にやってますが、
一番初めはヒーローショーから始まりました。

高校生の時、先輩に誘われていったキャラクターショーの稽古場で
少し遅れてやってきた照れたような笑顔のお兄さんが最初の師匠です。

もともと古武術の家柄でもあるらしく、
腰の落ち方が半端なくすごかった。
四股立ち、騎馬立ち、馬歩?を経験し、
ふとももはバッキバキ
でも、「アクションで一番大切なのは足腰をつくることだ」と教えられ、
若気の負けず嫌いもあって鍛えまくった。
当時は「打倒JAC、打倒倉田」なんて言っていた。
恥ずかしい話である


生まれて初めて、殴り・蹴りを習い
見よう見まねでやってみる。
すると、ガードをあげた師匠が俺に回し蹴りを蹴ってこいという
蹴り方も分からない俺だが、そんな顔の近く、危ないと思いちょこんと当てると、「心配せんでも素人の蹴りなんかきかないから思いっきり蹴って来い」という
何回か蹴るうちにこっちもムキになってきて、だんだん目いっぱい蹴るのだが、腰も入っていなければ、体勢もなってない俺の蹴り。
あれで怪我をさせるかも なんて考えていた自分こそがおこがましかった。

実際にものを叩く、蹴る ということが、その感覚を知る上では重要だったのだ。
・腰の入った蹴り、
・ショーで使う(万が一当たっても怪我をさせない)腰が入っているように見える蹴り

毎日が新鮮で勉強だった。


青山郁彦
posted by イク at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 経歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。