2013年12月22日

冬眠する熊に添い寝してごらん稽古日誌

ブログ更新滞りがちの郁彦です。
こんばんは!
なぜ滞りがちかって?
だって本番まで言えないことばっかりなんだもん(笑)

毎日頑張っておりますよー!


19日は、冬眠する熊の稽古をお休みして、浅草公会堂の本番でした。
一節太郎さんの生歌で浪曲子守唄を聞けて、うん、最高。
橘大五郎さんが沢正を演じる、沢竜二の殺陣師段平。
沢竜二と竜劇隊公演でもお馴染みの演目だけど、座長さん達が入ると、スケール感がぐっとアップしました。
素晴らしかった◎


さてさて、冬眠する熊である。
蜷川カンパニーの皆さん、とてもよくしてくださります。
そして、行動力が凄いです。
役のアイデア、考えてくるのは誰でもやります。
アイデアを具現化できるよう自宅で稽古も、みんなしてきます。
精神論だけじゃないんです。
持ち道具だってどんどん工夫。
メイクだってどんどん試します。
みんな、めちゃくちゃ勉強してきてます。
これが、職業としての役者のクオリティなんだ。
当たり前レベルが尊敬レベル。

さておいら。
四苦八苦しながらも、今日も格闘。
結構沢山出ています。
頑張ります!
頑張ります!!


初の蜷川舞台、
皆さん、応援してくださいね!!
posted by イク at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。