2013年08月30日

殺陣WS 8/29 アクション


今日は殺陣WS「アクション」を行いました。
参加者4名の濃密2時間

☆本日の内容☆
肩回り受け身から始り、応用で立ち回り
短刀で斬りかかられるのを、受け身でよけ、相手が斬って来る短刀を奪って刺す。

受けて、奪って、刺す、抜く。
止められて、奪われて、刺され、抜かれる。

お互いが相手と協調しあわないと演技は完成しません。

20130829ナイフ.png

殴る
殴られる

基本的なことを説明し、実践
途中、テンションがあがり暴走気味になるところを注意。
自分の世界に入って盛り上がるとよくない点が二つ。
まず第一に危険であること
第二にそんな周りの見えてない動きは表現ではなく、見る人の心をひきつけないということ

どんな稽古も、それを身に付ける為の過程であるということを忘れてしまっては時間の無駄になってしまうのだ。
万が一怪我をしたとしても、身になる稽古で怪我をするのと、浮かれてしまって怪我をするのでは全然違う。
特に素手の立ち回りは間合いが近いので緊張感を忘れてはいけないのだ。

背回り

殴りの一連から、殴られ受け身で逃げ、起き上がりざまにお腹を蹴って、背回り

皆さん、よく頑張りました☆
次回殺陣WSは11月以降、関西に帰ってきてからになります。
どうぞお楽しみに!

稽古スケジュールが分かったら、また関東でもやりたいな〜
posted by イク at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/373439606

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。