2013年07月12日

no-title

友人出演の舞台を見てきた。


行ってみたら知人も出ていて、世間はせまかね。
知人はかなりいい役をやっていたのだが、知ってるからこそ評価が厳しくなってしまう。もっとつきつめろ(笑)

友人は、よかったねー
役ところ的にも、あぁ、こういうこと、と歴史ファンもにやり。
最後がよかったね。
突きを捻られ転ばされるとことか好き。


さて、まだ公演中ですが
物語や構成はとても面白かった。飽きさせない二時間超。
ここぞ!という時の演出の控えめさ(弱さ)も感じたが、やっぱり足りてないのは役者力だよな。

こういうものをやりたいんだろうな、と感じるからこそ物足りなさがつきまとう。
インディーズだからといえばそれまでだが(そんなこと言われたら烈火のごとく怒るのが演劇人だ。そうありたい)、そこそこの年齢チームにはもう少し力が欲しい。
年配役者さんのシーンは安心する。


俺も徹底的に言われたし、今でもそうなのだろうが、動乱の時代を演じるにはのほほんと生きすぎてるんだろう。
友を失うつらさ、一族を捨てても貫きたい信念、人の命を奪っても成し遂げる意志、、、


若いお客さんには暑苦しいのかもしれない
俺も若い頃ならこんなこと思わなかっただろう
おじさんになったんか
いや、本物を匂わす人は必ずその熱さをもってるんだ



面白かったからもやもやもやもや
こういう作品、嫌いじゃないです。
出はけ、チラ見せ、視線のチラシ、歴史的着眼、とっても面白かったです。




でも舞台は生ものやからねー。
土台がしっかりしてるから、明日はおお化けしてるかもしれないぜ!
posted by イク at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。