2013年06月19日

【東京稽古2日目】

今日は三日目四日目の「日本婦道記」の稽古。

まずは読み合わせから入ったのですが、
発声!
もうこれだけで役者の凄さが現れますね!

ふじわらさん、岡本さんが台詞を言うと、狭い稽古場、もうそれだけで空間が埋まります。
若者たちよ、したり顔で演技を語るより、発声と滑舌、姿勢やで!!


代役でナレーションを読ませていただいていたら、自分、採用になりました!
日本婦道記のナレーションは郁彦の声です。
経験浅いナレーション録り、大学時代にまるっきりついていけなかった朗読の「朱雀門」
ある知識フル動員で、声優の友人に笑われない内容をと頑張ります!!


稽古後は清水さんの稽古場へ。
新国劇大山克己さんからの流れと、映像経験豊富な清水さんの稽古場。
松田や清田という懐かしい面々とも再会。
隣ではジラフの稽古。吉崎さんやリョウさんとも再会。

殺陣の稽古はとても面白かった。
うん、場所場所で求める価値観あり。ここは、そのまま鉄身でも動ける殺陣。間の摘め方など大変勉強させていただきました。
終了後は清水さんと二人のみ。こうやって二人でじっくり話するのは10年ぶり。
いい夜でした。

明日も頑張ります!
posted by イク at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/366883971

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。