2013年05月30日

5月29日殺陣ワークショップ

5月4連ワークショップ週間ラストは中級向けの内容。
「本番精度まであげてみよう」

通常、「斬る」であったり「さばく」「リアクション」など、一つのテーマにしぼって行ってきたワークショップですが、今回は「じゃあ人に見せる作品にするには、、」というちょっと高めの要求をテーマにしました。
つまり、普段一つ一つ分けてやってることをいっぺんにやらなくてはいけないということ。

勿論、斬り手どあるシンも大切ですが、シンがばっちり演技をできる為にはかかり手が的確な間、角度でかかっていくことが必要。

そして見事に斬られてこそ、シンの斬りが生きてくる。
シンも、きちんと「斬った」という表現の「斬り」をしなくてはならない。

皆さん、脳ミソぐっちゃんぐっちゃんになりながら、よく頑張りました。
もはやワークショップというよりも、殺陣の稽古、訓練でした(笑)


皆様、お疲れ様でした。
次回開催をお楽しみに☆
posted by イク at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/364612067

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。