2013年05月23日

殺陣ワークショップ(基本編)

本日、殺陣ワークショップ基本編を行いました。

さて、殺陣の基本ってなんだろう。。
刀の扱い方の基本なら、だいたいどこの殺陣教室でも習うことは同じ。
木刀の持ち方から始まって、素振り、構え。
打ち込み稽古に入って、横面を打ちながらの対人移動稽古。
と続くのではなかろうか。

ではその昔、時代劇・殺陣が華やかであった頃、時代劇を支えていた殺陣の方々が
最初に習ったり、基本としたことは何なんだったのか。
色々本を読んだり、話を聞いたりしても、今の殺陣の稽古のようにシステムだった教えを受けたということはほとんど聞かない。
複雑な殺陣はできないかもしれないが、そこへ辿りつくための道のりがいわゆる殺陣のレッスン生とは全然違うのだ。

相手の間や呼吸にあった一手を打ち込む。

これが現場にとっての最も最初の必要なことであって、基本の全てが集約されているように思った。

そもそもが一手打ち込みがもらえるまでが大変であった時代。
相手役の呼吸を外した打ち込みなんて採用されるはずがない。
そして距離が正しくなかったり、当たりが強すぎたりしてもNGだ。
役柄に沿わない腰のひけた打ち込みもNG。
狙いが正確でない打ち込みもNG.
それらがクリアできるのが一手を求める最低必要条件で、そこから初めて表現力とキャラクターというふるいにかけられるのだ。

そのために素振りをし、姿勢をチェックし、足腰を鍛える。
そのための刀の扱い方の基本なのだ。

真向が切れる、袈裟が切れる。これが殺陣の基本ではないのだ。
そんなものは中身のともなわないみせかけ剣術の稽古をしているだけ。
目的を見失った反復稽古は、筋トレでしかない。

ということで、本日は以下のようなメニューを用意しました。

正眼・上段・真向斬りの稽古
二人一組で正眼通しで向き合い、間合いをたまったまま移動する。
応用 移動の間を変化させる
応用 移動して逃げる側が斬られる
応用 移動して逃げる側が斬られそうになるのを刀で受ける

対人稽古 真向を受ける 真向を撥ね上げる 真向を撥ね上げ、抜き胴する

抜刀 抜刀から突き 下がりながら抜刀

対人稽古 相手が入ろうとするを感じて抜刀斬り 相手、下がりつつ抜刀
対人稽古 相手が入ろうとするを感じて抜刀斬りから突き 相手、下がりつつ抜刀、突きを払い真向斬り

つなげて立ち回り

次回は来週月曜日 アクションです!
posted by イク at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/363007119

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。