2013年04月21日

ジャッキーに感謝

2013042120200001.jpg稽古が夕方までだったので、今日は演劇でなく映画を見てきました。
ジャッキーチェンの「ライジングドラゴン」です。
正直近年、ジャッキー映画から遠ざかっており、久々に見た「ベストキッド」に感動。
年齢を考え、ジャッキーはもうバリバリアクションはしない方が、、と考えていました。


そこで知った「ライジングドラゴン」
アクション大作としてはこれが最後というキャッチコピー。
続々あがる好評感想のツイッターやフェイスブック。
これは見なくてはならないと思っていました。

本編前の予告編にてジェラシックパークが20周年を記念して、、的な映像が。
ジェラシックパークから20年!?
そうか、もうそんなになるのか。
あれを見たのは高校生。
同級生の子供は進学したり、いつの間にか俺もいい年の大人になった。
なんだか地上に戻った浦島太郎な気分だった。


本編が始まった。
凄かった。
いろんな意味でジャッキーらしかった。
これまでの色んな映画も思い出した。
何年ぶりかに買ったパンフレットにも、過去作品のオマージュが意図的に含まれていると後で読んで知った。


凄かった。
もうすぐ還暦。肉体、アイデア、エネルギー。

日本のアクションマンのどれくらいが、ジャッキーの影響でアクションを始めたのだろう。
後ろの席に座る若者が、キャッキャいいながら楽しんでみていた。
ちびっこの何人かは映画館を出たら、真似して塀を昇るんだろう。


現役で居続けてくれたことに感謝。
常にめちゃくちゃ面白い作品、というわけでは自分的にはなかったけれど、
スタイルを貫き、映画を作り続けてくれたこと。

自分世代には今でもプロジェクトAやスパルタンXでも、世界的にはレッドブロンクスやラッシュアワー、ベストキッドと何度もヒット作品を更新してきた。


偉大な方が、偉業を成し続けてくれたことに感謝をし
次の世代の自分はもっともっとしっかりしなくてはと、勇気と力をいただきました。
ジャッキーチェン、ありがとうございました!!
posted by イク at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。