2012年10月08日

笑の内閣を見てきた

image.jpgどこまでネタバレしても大丈夫だろうか、、、

非常に満足して帰ってきました。
時事問題を扱いながらも、自ら茶番劇といいながら、笑いをしこたまつめこんでくるこの劇団。
念願の二回目観劇です。

今回のテーマは青少年保護条例。
(ちなみに前回見たときは皇室がテーマでした。マジで過激でした)
俺がこの劇団の凄いと思うところは、やばいネタに堂々と攻めこんでいくところなんです。
チープさとB級を装う下に、きちんとした裏付けがあり、トークゲストに議員さんを呼んだりする本気ぶり。
背負うもの背負ってバカをやる、凄い劇団なんです。


今回の公演は今日で終わりましたが、まだ見たことないかたは、ぜひいつか、一度見てください!
青山郁彦が大好きな、そして対極な演技法を取り入れた演劇世界があります。

自分、久しぶりに舞台でリアル涙を流しました。
してやられました!!

楽しかったー
脳ミソかき回されたー!
計算されたチープさ最高!!
posted by イク at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。