2012年08月28日

no-title

image.jpgボンジョルノ!
郁彦です!
今日も元気に稽古場へ向かっております
久しぶりに写真もアップ
いよいよ公演が近づいてきました。
楽しみですね〜。

アンジェロは相変わらず昨年の蚊相撲の台詞で覚えた日本語「死んだ方がいい」を連発しながら、地獄の準備体操が毎日◎
逆立ち腕立て伏せ100回なんておバカの極み(笑)
俺は60回の壁が越えられません〓
体をほぐしてから準備体操にとりかからないとえらい目を見るというこの矛盾!
今日こそ目指せ70回!

昨日より、通訳としてアンドレアの美人奥さん(日本人)とべっぴん嬢ちゃん(四歳)が稽古場へ。
観客つきの稽古、嬢ちゃんのくいつきポイントに、あぁ、なるほど、と。
お嬢ちゃん大暴れにつき、休憩時間が鬼ごっこタイムになりはしても、貴重な反応でござります

なにせマニアックなこの企画。
支援者の応援は超熱烈
初めての人にはなんとも説明が難しい
なにせ今回は大学とのタイアップもあり、チラシがなんとも難しそう(笑)
なにはともあれ、見に来てください
大人も子供も笑い転げます


いや〜、役作りの話をしていると、日本人はなんとナイーブな、というか、イタリア人ひどすぎ(笑)

夜の部の新作の他に
昼夜のコメディアデラルテデモンストレーションにも出演することになりました。
役どころは、、、
まさかの二枚目です!



【 Eenen 延年 第六弾 】 
「狂言 × イタリア仮面喜劇」
   〜狂言の起源を探って〜

【 日時 】 2012年 9月 1日 (土)
(昼公演) 14:00 開演
(夜公演) 18:00 開演

【 会場 】 堺能楽会館

【 料金 】
当日  4,000円 [ 全席自由 ]
前売り 3,500円
昼夜通し6,000円
学生  2,500円
学生通し4,000円

【 演目 】
(昼の部)
◆ 鎮魂延年の舞 「黒い媼」舞
◆ 新作 『うもうて死ぬる』

(夜公演)
◆ 鎮魂延年の舞 「黒い媼」舞
◆ 新作 『健康元年』

※昼の部・夜の部ともに、レクチャー&デモンストレーションも交え、狂言とイタリア伝統仮面劇についての知識や演技方法、今回の実験の趣旨を実演を交え分かり易く説明いたします。
また、十六世紀の劇作家ルザンテの作品『フィオリーナ』からの名場面をデモンストレーションいたします。
posted by イク at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/288755602

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。