2012年02月04日

今昔JAPAN5〜百舞繚乱〜を振り返る

今昔JAPAN〜百舞繚乱〜
お陰様をもちまして満員御礼で無事終演いたしました。

昨年9月にローズガーデンで共演させていただいた愛さんからお話をいただき、最初に打ち合わせをしたのが昨年の11月。
その時は、こんな舞台になるとは全く考えていませんでした(笑)
本当に、よくぞ青山郁彦をここまで信頼してくれたと、感動しております。
ホント、大変でした。俺、よくやった(笑)

1月頭に構成作家さんと三人で打ち合わせ。
だいたいの内容を聞けるのかと思っていたら、
あれれ?最終確認のテンション!?
「ここは板付きですか?これは何分ですか?このシーンはどういったことをやるんですか?」
矢のような質問攻め。
構成も流れもその場で初めて聞く俺は答えられるはずがない、
もっともらしいことをさんざん言ってはぐらかす、
やりたいことがあとからできなくならないように、はったり8割の打ち合わせ(笑)
それでも大筋は汲み取ってくれるんです。
その場でなんとなく作品が出来上がっていく。
大変忙しい構成作家さんで、言葉はきついが少ない時間で密度濃く仕事を進めるためのものだと理解。
ぐいぐい打ち合わせが進行していくの。とても勉強になりました。
時間のないときに変な気遣いは無用。
できる・できない・やりたいこと・やりたくないことをはっきり提示することの大切さ。
ある意味心を強くもってないとできない打ち合わせでした。

打ち合わせは毎回こんな感じ。
打ち合わせって戦いなんだと思いました。
一歩間違うと戦争だ、みたいな(笑)

エアリアルティシュ―案が浮上。
会場で実際に可能なのか、設備面や予算面の確認。そして俺の覚悟面の確認。
俺、千載一遇のチャンスだと思ったのですよ
憧れのエアリアル。いつかやりたいと思っていたエアリアル!
それがまさか仕事でできるなんて!!!!
必要な覚悟は、このスケジュールでこなせるのかということ。
だって食事込みとはいえ5000円の入場料。
ちょっとやりました、では許されないでしょ!
後日聞きましたが、ティシュ―を指導してくれたシューさんや今度共演のえんともさん達は、この話を聞き、郁さんよく引き受けたねと言ってたらしい。
俺も第三者だったらそう思う(笑)
でもね、なんか俺、できると思ったんですよ。

結局、通えたレッスンは2回。
シューさんの天才的な指導のおかげです。
自分では自分の演技は見れないから、実際どんな感じだったのかなぁ。
早く映像で確認したい(^^)
ユーチューブで見ただけの技をやってたら、本番中布のかけ方が分からなくなっちゃって、本気でやばい!!という瞬間がありました(笑)
その時シューさんのアドバイス「ティシュ―は社長さんの気分でゆったりやるんだよ」を思い出し、空中で開き直って「えっと、どうやるんだっけ」と落ち着いて考えたら思い出しました。本当にシューさんの教え方は最高。
最悪1回しかレッスン受けれない可能性もあったので、初回の個人レッスンで必要最低限のことを全て叩き込んでくださりました。セッティング方法から演技に関して、そして危なさについて。
昨日の成功はシューさんのおかげです。本当にありがとうございました。

殺陣。
最初のお話で、立ち回りがやりたいという愛さんの希望で、
じゃあ、どういう理由で戦おうという話から昨日の流れが生まれました
節分の鬼退治
鳥追い笠と鬼、刀対升、豆まき、刀対刀、最後は二刀流
郁版桃太郎の鬼の面が久々の出番。あの全然見えないお面で立ち回り。
本火・本水ならぬ本豆使用(笑)
きちんと節分ができてよかった(^^)

鬼から、鬼を祓われた男、そしてその男の飛躍、最後は男が世界に向けて「福は内」
大好きな世界観で踊らせていただきました。

ティシュ―のあとの女形は、汗がひかず、化粧の替えが追いつかず、自分としてはかなり心残り(><)
お客様は喜んでくださってました。

最後は愛を伝えるカンフー修行。
踊りの舞台でまさかのお客様体験コーナー。
みなさんにしっかり強くなっていただきました。


長文になりましたね。
それだけ内容濃かったんですよ。
もっとたくさんの人に見てほしかったなー。
でも会場は満席でした。
本当にありがとうございました!!

そして主催の愛さんは、本日が誕生日です。
おめでとうございます!!
次回はどこでやろうかな、と、もう彼女の創作魂は動き始めています◎

見に来てくださった皆様、本当にありがとうございました。
またご感想などきかせてください(^^)
posted by イク at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 郁句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/250350611

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。