2010年04月24日

Linx’s01公演

リンクスという関西小劇場の7劇団合同オムニバス公演20分×7本+おまけという3時間の舞台を見てきました。

若い劇団、中堅劇団様々あって、もちろん実力もそれぞれ。
でもなんだかこれはこれでいいと思いました。

20分という通常の公演に比べてはかなり短い尺。
おそらくこの尺での作品つくりは通常していないだろう皆さん(分かりませんが)
でも一同に見れるということで、きっとお客さんの行き来もできるのだろうし。
作品ごとにMCが入り、音楽のライブみたい。
ライブだって、合同ライブがあって知らないバンドに興味を持って
改めて単独ライブにいってみたり。
ライブハウスの顧客がいて、合同ライブでまず品定めをする。。みたいな。。
一度に7つも楽しめて、かなりお徳ですよ!

7つもあると全てが趣味に合うわけではありませんが
そこが、今回行ってよかったと思ったところ。
自分は結局何のために演劇をしているのか、ということをいつの間にかずっと考えながら見ていた。
(以下、自分の話)

夏の大道芸に向け、時間もなく焦っている自分がいました
何か新作をつくらなくちゃ
その新作、特に思い浮かぶものがあるでなし
今日気がつくと、お客の喜ぶ顔発進。そこへつなげる為には・・・みたいな発想の順番。
何か違うと思いながらもやもやしていた一点。

今日の公演を見て
自分たちの表現はこうだーっ!という姿勢を感じた
悪く言えばアマチュア演劇という言葉でくくられてしまうのかもしれないが、
演劇なんて、芸術なんて
表現というエネルギーを失ったらおしまいだ。
シリアスのあっていいし、面白いのもあっていいし、勢いで押したっていい
まず創りたい作品をつくって、で、これがお客さんのご趣味に合いますか?というのが勝負でしょ

新作創ろうというのに、せこく予測したお客さんの味覚にあわせて料理を考えようとしていた俺
自分発進の場所なんだから
自分で作品つくるのに、勝負のスタンス忘れてどうするの!

7つの劇団
しっかり魅せてくれる大人の劇団もあります
若さと元気の劇団もあります
色々含めてお勧めです

日曜日までインディペンデントシアター2ndでやってるそうです。
ご興味ある方はぜひ。
posted by イク at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 郁句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。