2009年05月04日

殺陣道との共演

4/29、5/2、5/3の三日間、殺陣道のパフォーマンスに体験コーナーのMCとして参加してきました
習い事としてうまくなっていくことと、人前で行なうということの差のようなものを考えさせられる3日間でした

これは殺陣ということに限らず、演劇・音楽・ジャブリング・舞踊もろもろに言えることで
教室の発表会なら習ったことを上手にできれば良しですが
イバントのステージとなると上手下手が一番じゃなくて見ている人が楽しんだかが一番だと思うのです
が、教室の延長でステージがある場合って・・・・意識の向け方だ難しいもんだな、と。



高校生の時にキャラクターショーのアルバイトをしたとき
一番最初に渡された心得みたいな紙に
「ステージに立つからにはお客様にとってプロもアルバイトも関係ありません。現場に向かう際には仕事を請けた役者として行動してください」
というようなことが書いてあった
今でも大事に思っています

しかし、本番エネルギーというのはもの凄い
3日間で、見る見るうちにステージがよくなっていきました
みなさん、お疲れ様でした☆
posted by イク at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 殺陣について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。