2013年05月04日

青山郁彦with野内花峰

2013050313360000.jpgコントをやろう!
前日の稽古で、急遽ショーの内容が激変した。


昨年より呼んでいただいております、サンヘルスさとの湯。
初めは一人で一時間のショーを行っていました。
しかしなんとか女形もできないかとのクライアント様との話の中、前回、野内プロモーションの野内花峰ちゃんをオファー。
抜群の安定感で好評をいただき、このコンビのレギュラー化が決まりました☆


アクロバットと女形の二段構成でいきたい自分としては、どうしても男から女に変わる間、舞台を引き受けてくれる人が必要。
殺陣もできて、舞踊もいける花峰ちゃんはもってこいでした。
しかし、役者から入った訳でない彼女は「できれば台詞はしゃべりたくない」と。。。
オッケー、オッケー、無理は言いません!といいつつも、立ち回りにどんどん芝居がつく。
そうなると、ここは喋らないと不自然だろうと、自然に台詞がついてくる。
最終日にはしっかり演技もしていただきました。
特に二回目のショーでは、振り付けの手を離れ、共に舞台の上で叫びながらの立ち回り。ホント、よく着いてきてくれました。

さて今回。
もう初めから台詞に対する抵抗なんかありません。
芝居としての立ち回りの興奮を味わって、激変していました。
言葉も会場の広さにたいしてきちんと届けるという滑舌、テンポ、発声、意識が格段に成長。
ショーの構成を考えるうちに、、
「コントをヤろう!」
という流れに発展したのです。



人と共に舞台を作るのは本当に面白い。
その瞬間瞬間に生まれるものは、決して自宅で机に向かってる時には生まれないものだ。
ゆえに稽古の瞬間はとても貴重であり、
自分自身を磨いて挑むということも大切なのだ。


このコンビ、関西でも活躍できる場所をぜひ作りたい!
posted by イク at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月11日、12日の舞台の話


おとといのリハーサルに立ち会った今回の台本を書いた仲原時雨丸さんが、
フェイスブックイベントページに感想を書いてくださった。
みんな見れるのか分からないので、転載します!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
仲原時雨丸
リハ感想を書いておくと

ゆらゆらゆれるについては、特に圧巻です。劇場をまるで<検閲>に変えてしまうとは!その為に全てを計算した技法はまさに圧巻です。演出家の発想力と構築能力が冴えた素晴らしい作品です。

また201×については、主役、青山郁彦が見せます。観せます!魅せます!!また演出も戯曲に捕らわれることなく構築し、そしてゆらゆらゆれるとは全く違う技法を用い、作品のスケールすら塗り変えてしまう。それでいてポップにも感じさせられるところが凄い!

まさしく、ゆらゆらゆれると201×の対比であり、融合でもある。そうそれは私たちの今であり、未来である。その交差の瞬間を是非観劇に来ていただきたいと私は思います。お時間のある方は是非に!!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

嬉しい!さらに期待を超えられるよう、頑張ります!
皆さん、ぜひ、見に来てください!


カナリヤンな再演プロジェクトVol.1
「ゆらゆらゆれる」「201X」

公演日時
5月11日 16:30〜 20:00〜
5月12日 17:00〜
(受付は各ステージの上演時間30分前より開始、開演と上演開始は同時刻からとなります)

公演場所
◎工場跡を改装したアートスタジオ「カナリヤ条約」(PCまたはスマホ推奨)
http://canaryconvention.wordpress.com/

CAST
青山郁彦
桐子カヲル
hosoyan
末次祐基(Production Dayze)
荒堀秀将(劇団スターダスト日本)
川崎由佳(Re!BIRTH!!)

料金(1ドリンクつき)
一般前売 :2,000円
当  日 :2,500円
KCVメンバー:1,500円
posted by イク at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。