2013年05月31日

【告知】一人芝居「炎の3兄弟・第3話」&女形舞踊ショー!!!

2012122321040000.jpg
6月2日日曜日19時からは
北加賀屋のク・ビレ邸にて「一人芝居」&「女形舞踊ショー」!!

第一部の一人芝居では
昨年末よりシリーズ化している「炎の3兄弟」第3話
剣劇人情話に仕上がっておりま
す!

そして第ニ部の女形舞踊ショー
まだまだ郁彦の女姿が信じられないという方、写真でしか見てないよという方が多いと思います。
ぜひぜひ生を見に来てください!!

お席、まだまだございます◎

青山郁彦時代劇バラエティー&女形舞踊ショーvol.7
6月2日(日) 19時〜 1500円(1ドリンクつき)
四つ橋線北加賀屋駅 ク・ビレ邸にて
(大阪市住之江区北加賀屋2丁目8番8号)
http://quvillezthe.wordpress.com/2013/05/24/kubotaaoyama/

見に行くよ!という方は、メッセージまたはコメントいただけると嬉しいです!
お待ちしております!!
posted by イク at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月30日

チャンバラ武塾

夕方はチャンバラ武塾へ行ってきた。

塾生の皆さんも上達してきたし、今日は松竹の役者さんも稽古に来たりで、なかなかの白熱。
基本の形から始まり、一騎打ち、無手〜二刀流の立ち回りへ。

ここでもやっぱりかかり手の大事さを感じました。
よい間、よい間合いでかかっていけば、それだけでシンはうまく見える。
距離が近ければそれだけシンも小さくなる。

一朝一夕にはいかないけれど、確実に上達している皆を見て、幸せな気持ちになりました。


さて、一人芝居の稽古しながら運転して帰ります!!
posted by イク at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月29日殺陣ワークショップ

5月4連ワークショップ週間ラストは中級向けの内容。
「本番精度まであげてみよう」

通常、「斬る」であったり「さばく」「リアクション」など、一つのテーマにしぼって行ってきたワークショップですが、今回は「じゃあ人に見せる作品にするには、、」というちょっと高めの要求をテーマにしました。
つまり、普段一つ一つ分けてやってることをいっぺんにやらなくてはいけないということ。

勿論、斬り手どあるシンも大切ですが、シンがばっちり演技をできる為にはかかり手が的確な間、角度でかかっていくことが必要。

そして見事に斬られてこそ、シンの斬りが生きてくる。
シンも、きちんと「斬った」という表現の「斬り」をしなくてはならない。

皆さん、脳ミソぐっちゃんぐっちゃんになりながら、よく頑張りました。
もはやワークショップというよりも、殺陣の稽古、訓練でした(笑)


皆様、お疲れ様でした。
次回開催をお楽しみに☆
posted by イク at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

no-title

4連続のワークショップも終わり、いよいよ日曜日の一人芝居へ集中モード。今回は一人芝居なのに七人も主要登場人物が出てくる作品。いままでとは一味違います。さぁ、稽古稽古!!
皆さん、見に来てください\(^O^)/

6月2日(日) 北加賀屋ク・ビレ邸にて
青山郁彦 時代劇バラエティー&女形舞踊ショー
19時より 1500円(1ドリンクつき)
posted by イク at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

5月27日殺陣ワークショップ アクション

昨日は、なんと参加者2名という超濃密度ワークショップとなりました。
内容はアクション

始めは先週のおさらい、蹴りの練習から
前蹴り、回し蹴り、足刀と進み、
今回は連続蹴りに挑戦
右足の回し蹴りから左足の後ろ回しへとつなぎ、そのまま右足の旋風脚まで。
一つ一つの蹴り技のときに軸がぶれずに回転できることがキーとなります。
自分も高校生の頃ジャッキーチェンの真似をしてよく挑戦しました。
あの頃はこれに後捜腿(こうそうたい)と飛び後ろ回し蹴りが間に入って・・・

続けてマット的なことを
転がりの受け身です。
普通に何回か回り、足払いをよけたていでの大きな受け身、回し蹴りをかいくぐる小さな受け身、投げられた時の、パンチから止まらない受け身

最後は組み合わせての立ち回り
相手の前蹴りを落として、足刀でふっとばす
追い打ちで回し蹴りするところを転がりでくぐり抜けられ、振り返ってところを起き上がりざまに顎へまえ蹴上をもらう
後ろへふっとび、なにくそと右でストレートを中に行くところを投げられて転がり
相手が追い打ちをかけようとするところへ、起き上がりざますぐに回し蹴りから後ろ回し、旋風脚のコンビネーションで倒す

参加されたお二人さま、お疲れ様でした。
次回は明日、同じく19時より加島の市民交流センターよどがわです。
お待ちしております(^^)
posted by イク at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月27日

no-title

2013052622450000.jpg今日も居酒屋「春」で騒いできました\(^O^)/橋本さんと一緒です。お店に来てくれた皆様、ありがとうございました!!
明日(月曜日)は殺陣ワークショップ、アクションです。まだまだ参加募集してます!参加希望はメッセージかコメントにて☆
posted by イク at 01:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月23日

殺陣ワークショップ(基本編)

本日、殺陣ワークショップ基本編を行いました。

さて、殺陣の基本ってなんだろう。。
刀の扱い方の基本なら、だいたいどこの殺陣教室でも習うことは同じ。
木刀の持ち方から始まって、素振り、構え。
打ち込み稽古に入って、横面を打ちながらの対人移動稽古。
と続くのではなかろうか。

ではその昔、時代劇・殺陣が華やかであった頃、時代劇を支えていた殺陣の方々が
最初に習ったり、基本としたことは何なんだったのか。
色々本を読んだり、話を聞いたりしても、今の殺陣の稽古のようにシステムだった教えを受けたということはほとんど聞かない。
複雑な殺陣はできないかもしれないが、そこへ辿りつくための道のりがいわゆる殺陣のレッスン生とは全然違うのだ。

相手の間や呼吸にあった一手を打ち込む。

これが現場にとっての最も最初の必要なことであって、基本の全てが集約されているように思った。

そもそもが一手打ち込みがもらえるまでが大変であった時代。
相手役の呼吸を外した打ち込みなんて採用されるはずがない。
そして距離が正しくなかったり、当たりが強すぎたりしてもNGだ。
役柄に沿わない腰のひけた打ち込みもNG。
狙いが正確でない打ち込みもNG.
それらがクリアできるのが一手を求める最低必要条件で、そこから初めて表現力とキャラクターというふるいにかけられるのだ。

そのために素振りをし、姿勢をチェックし、足腰を鍛える。
そのための刀の扱い方の基本なのだ。

真向が切れる、袈裟が切れる。これが殺陣の基本ではないのだ。
そんなものは中身のともなわないみせかけ剣術の稽古をしているだけ。
目的を見失った反復稽古は、筋トレでしかない。

ということで、本日は以下のようなメニューを用意しました。

正眼・上段・真向斬りの稽古
二人一組で正眼通しで向き合い、間合いをたまったまま移動する。
応用 移動の間を変化させる
応用 移動して逃げる側が斬られる
応用 移動して逃げる側が斬られそうになるのを刀で受ける

対人稽古 真向を受ける 真向を撥ね上げる 真向を撥ね上げ、抜き胴する

抜刀 抜刀から突き 下がりながら抜刀

対人稽古 相手が入ろうとするを感じて抜刀斬り 相手、下がりつつ抜刀
対人稽古 相手が入ろうとするを感じて抜刀斬りから突き 相手、下がりつつ抜刀、突きを払い真向斬り

つなげて立ち回り

次回は来週月曜日 アクションです!
posted by イク at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

殺陣ワークショップ・アクション

今日は殺陣ワークショップ、アクション編。

俺的にも三回目になるアクション編。
少しづつこちらも成長しているので、今日は題材としては蹴りに特化しつつ、わりと革新的な内容を行いました。
本当はひたすらこれをしばらく稽古したらいいんだろうけど、それじゃ飽きちゃうし(俺が(笑))
なるほど、俺の気性も含めたワークショップだな。うん。


毎回言ってます。
どの教室でも養成所でも同じだけど、受講の時間は吸収、確認、試しの場。上達にはそれ以外の時間をどう使うかだ!


なんてことを言いましたが、今日はかなり教室的、というか訓練的。
日常使わない筋肉を使うアクション、細かいテーマに移るにはそれなりに訓練が必要なんです。


今日のテーマは
間合い、テンポ、整合性

素人から俳優まで等しく追及されるポイントです。
そこに演技力がのせられたらなおよろし!

蹴りは前蹴りと回し蹴り、あと側刀
腰を入れる、軸を保つ、ベースに戻る

スポコンでしたね、今日は
皆様お疲れさまでした。

次回は水曜日
殺陣、基本編です!
posted by イク at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

始動


6月2日の新作に向けてやっと始動しました。
先週北海道に行く前に形までと思いながらも、もんもんとしたまま一向に進まず、
本日午前中ももんもんもんもん、いらいらいらいら(笑)
流石にこれではいかんと、近所をぶらぶら歩きはじめ、突然始まった。
不思議よね
ここ最近もんもんとしていたことが、だいたい綺麗に盛り込まれるのね
母からは「またこの時期に入ったのね」と当たらぬ神に障りなしの状態。
さて大きな題材は見えてきて、ここから筋を運んで、表現方法を選定して・・・

北加賀屋で人様にお見せする時間
だけれどもこれは自分自身にとってとても大事な時間
決して独りよがりな発表会にしてはならない。
けれども自分自身の身を削る何かを生み出していかなくてはならない。
そして、見に来てくださるお客様がいなくてはならない。

遅いスタートですが、発進です。
今週中にはタイトル、内容告知します。
郁流エンターテイメント、ぜひお立合いを

6月2日日曜日 北加賀屋「ク・ビレ邸」にて
青山郁彦 時代劇バラエティー&女形舞踊ショー
19:00〜 第1部 新作一人芝居
20:00〜 第2部 女形舞踊ショー
チャージ1500円(1ドリンクつき) 
posted by イク at 16:38| Comment(3) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月19日

ゴシックエロス

2013051820430000.jpg2013051821090000.jpg昨日はともともとくぽくぽ「ゴシックエロス」鑑賞。
中国雲南省のダイ族舞踊と打弦楽器ハンマーダルシマーの共演。
初めて見るダルシマーは外観も音色も非常に美しかったです。

音楽や舞踊の世界は、観客に見方を強いない。踊りを見ながら、音色を聞きながら、全然違うことを考えてる瞬間がある。
でもちゃんと見てるし聞いてる。
感性から脳が刺激され、昔の記憶とか今の自分の問題点などが呼び起こされるんだろうな。
素敵だな。

芝居、演劇もそういうものなのだろうな。
見方を強制しない、でも飽きさせない、偉そうじゃない、一方的でない、大人な演劇を作りたい。
posted by イク at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月18日

故郷を訪ねて。。

忘れ難し故郷〜♪


心の故郷、自分の原点、思い出の地。。

人間何年も生きていれば、そんな土地のひとつやふたつあるでしょう。
社会人の原点、役者の原点が自分にとって北海道であり、登別であり、時代村なのであります。

後輩が忍者を卒業する。
あいつの舞台を見に行こう!
それをきっかけに、もう10年ぶり以上!北海道旅行に行ってきました。


●電車に揺られ。。

初めて北海道へ行った時、
町→緑→町→牧場→山→町。。
これドラクエかっ!

初めてのそんな景色に不安感に襲われ、
次第にこのスケールで育った人間は大きく力強いだろうという憧れを抱き、
そして雪の圧倒的な力にもやしっ子の考えなんて無意味。つべこべ考えず実行することの大切さを知った。

久しぶりに見る景色は、そんな昔のことを次々に思い出させてくれる。
そうして遂に、登別伊達時代村に着いたのです。


●青山、全然変わってないな!いや、皆さんだって(笑)

故郷を訪ねる側の勝手な希望は、昔のままの姿が見たい、である。
が!そんなものあるわけがない。
成長するところはどんどん成長し、朽ちていくところはどんどん朽ちていく。
まるっきり変わってしまった姿の中に昔の面影を見つけた時、人は喜びや感動を覚える。
変わっていった物、変わらなかった物を見つけに行く。そうして自分自身の変わっていった物、変わらなかった物を確認する。それが昔の場所を訪ねる人間の動機だと思う。


いや、変わってなかった!

勿論、何も変わっていないなんて失礼なこと言わない。
しかし、大切な人たちの俺が好きだった部分、思い、目線、、変わってなかった。
自分が十何年頑張ってきたように、この人たちも十何年頑張ってきたんだなと。

しみたー。
心にしみたー。


トキワ荘の若きマンガ家が、その後も互いに切磋琢磨して、日本のマンガ界を引っ張っていった。
そこにはとても届いてないけど、俺たちだって、そんな仲間と突っ張って生きてるんだ。


後輩のヒデオがね
「前に、勉強しようと思って、青山さんがいつも言ってたシルクドゥソレイユを見に行ったんですよ。」と言った。
あいつの中に俺の言葉や、あの頃の情熱が生きていた。
嬉しかったー。


俺も頑張る。みんなも頑張れ!


●役者以外の思いでも

二十代前半を過ごした登別。
社会人としての青春時代の全てが詰まっている。
思えば登別からの出発が、普通に生活することからの出発だったような。あれ以降、芸能以外の新しい人間関係や時間の過ごし方をほとんどしていない。

☆近くにあった理容室(美容室並の雰囲気で顔剃りまでしてくれる)
☆時代村以外の芸能世界との架け橋だった、俺にとってはカフェ的空間のうえの薬局
☆英会話のジオス

他、温泉街や入院してた病院、海、東室蘭の飲み屋街、バー、札幌のジャズバー、、行ってない場所は数えきれない。当たり前。俺の五年間を3日で回れてたまるものか(笑)

地元大学生と遊び回った日々。
西欧ジャグラーと会話できないのに九時間のみ倒した思い出。
恋、恋、恋!!

このまま北海道の人になろうと考えたこともあった!
振られてやけっぱちと、それを言い訳にして遊び回った不純時代もあった!
全てやりきったという嘘みたいな過去では決してないが、泣いて叫んで逃げ出して、それでもしがみついて、笑って、さぼって、寄り道して、涙して、情熱燃やして、生きて、生きて、生き抜いた登別。

俺にも、ちゃんとそんな二十代がありました。

また今日から頑張るぞ!
辞める後輩は、来月には関西に帰ってくるからね(笑)
(知ってたら会いに行かなかったよ。あっぶねー!)
posted by イク at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ただいまー\(^o^)/

2013051716480000.jpg只今ーっ!
初めての連休旅行☆
北海道の旅より帰ってきました!
最高の旅でした。
へとへとです(笑)

沢山の人と会えました。互いに人生を刻んでいるからこそ再会が楽しい。嬉しい。人生って凄い。
そして新しい出会いもありまさた◎
皆さん、ありがとうございました\(^o^)/

写真は今日行った、札幌オリンピックのジャンプ台!
posted by イク at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月17日

登別思い出めぐり

2013051710020000.jpg今朝は登別のビューレックス詩望麗にて散髪
13年ぶりの再会。朝一番で行ったので、みんなが入れ替わり立ち代わりで来てくれる(*^^*)
昔はお祭りに行くと、屋台終了ギリギリまで飲んでるのは忍者か詩望麗だった(笑)
懐かしさと共に頭すっきり☆

続いて駅前のうえの薬局
店長との再会。ギターが大好きな店長。お店の中にもギターがある(*^^*)
一時間ほど話し込みました。

只今、バスにて札幌へ移動。
ジオス時代の友人と再会です◎
posted by イク at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

no-title

2013051616110000.jpg昨日は1日登別で遊び倒しました(≧▼≦)
朝一番で村に着き、開門の声を聞き、すぐ杉浦さんと再会!
村内の綺麗になった場所を見て感激。熊さん長屋のリフォーム具合!
もう山田様です(涙)

かすみ屋敷一回目を見る!
神保さん、竹見さん、ヒデオ、大坪!そしてはじめましてな屋敷メンバー!
遊廓を見る!
会木さんに高崎さん。めちゃくちゃ久しぶり!
砦を見る!
芝居小屋を見る!
事務所へ行き、右京さん!佐藤さん!そして、山田さん!!!

作事部屋にて約二時間、山田さんと色々話をしました!!

村内の施設を見る!
おにゃんこ、忍者怪怪、びっくり小屋!
手裏剣と弓矢をやるもまるでダメ!
片倉小十郎屋敷と横の庭!
あ、大門外の日本庭園見るの忘れた(笑)
からす午後キャストを見る!!

閉門!

からの〜
稽古見学!
久しぶりに山田さんの指導を聞く。
屋敷でメンバーから立ち回りを少し教えてもらい山田殺陣を体感!!

アクションメンバーと飲みにいく!!
二次会に飲みにいく!!
寮の駐車場でまだしゃべる!
大坪の部屋に泊めてもらい、コーヒー飲みながらまだしゃべる!!

本当に楽しかった。
そして力をもらった。
遠く離れても、仲間が今も頑張ってるから自分もまだまだ頑張れる。
俺、まだまだ頑張ります!!



みんな、ありがとう!!
posted by イク at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月14日

ひとつの舞台をまた終えて

カナリヤンな再演プロジェクトVol.1「ゆらゆらゆれる」「201X」
無事、終演いたしました。

N~ing装置003.jpg

身体表現を使った舞台芸術としての演劇。。。

ん?おかしくない?
そうそう、舞台で行う演劇はそもそも舞台芸術であって
それがたまたまストーリー性を重視したナチュラルな演技をするジャンル(?)が多いというだけで
本来舞台演劇というものはものすごく幅広く自由なものだ。
俳優として、その作品に関わるためには、かなりの高い身体性や感性が必要とされると痛感した作品でした。

参加した俳優陣は若いメンバーが多く、本番になっても技術面で追いついていなかった者が多かった。というかほとんどだったのは観に来ていただいた皆様の知るところ。
実際、この演出を当たりまえにこなせ、その上で自分の表現を上乗せできる役者は関西にどれだけいるのだろう。。
関西に・・・・?そう
日頃から演出がいう「関西小劇場は・・・」という言葉に「そんなことあるか!凄い奴は凄いねん」と内心反発してきた俺だけど、じゃあ今回の作品を・・・と考えた時、う〜んとなっていまう。

N~ing郁001.jpg

自分も含め、得意分野やエネルギー量で帳尻を合わせられる役者は多々いるとしても、
演出部分で必要な身体操作、感情の急転換・コントロールを「魅力的に」こなせる役者がどれだけいるか・・・
うーん、思いたらない。

例えば身体操作
ダンサーさんで例えると、踊れる人はいっぱいいます。
でも、踊りがうまい人と、面白い人は必ずしも一致しない。
余興なら面白いだけでもいいんだけど、作品だから最低限のうまさは必要なのである。

歌があれば歌わなくちゃいけない
殺陣があれば殺陣をやらなきゃいけないのが俳優の仕事
そもそも「魅力的に」という商品価値を提示するより先に、絶対ラインとしてこなせないといけない線があるわけです。

今回、スローモーション、音楽の尺に合わせた表現、音楽と相反する空気つくり、日常と相反する感情
などなど
技術として求められるものが非常に多かった。
勉強になったーなどと言っていてはいけない。
必死でした。

N~ing打ち上げ002.jpg
打ちあげ時、自ら火お越しをする作家・仲原時雨丸

じゃあ、東京ならいるの?という話。
います。もちろんいます。
もちろんダメな人もめちゃくちゃいます。
なんでできる人が多いの?全体レベルがあがるの?
仕事でやってる人が多いからだと、俺は考えます。
自分の見えてる場所以外の部分を指摘される環境があったり、ダメなものはダメとばっさり切られる環境があるということは、やりたくない部分もきちんと稽古していかないといけないから、自然とレベルがあがるんだと思います。
本来は、やりたいことだけやってる人の方が強いと思いたいのだけど、なかなか人はそんなに強くないらしい。

人のことなどかまっている余裕はないけれど、舞台は一人の俳優がきばったところでどうにもならない。
稽古を重ねるたびに、徐々に若手メンバーの士気、熱量が高まってくるのを感じ、よっしゃ、みんなでガンバるぜというい座組になりました。

N~ing打ち上げ001.jpg
打ち上げ時、鉄板奉行をしてくださる演出・佐藤香聲

でもね、、俺の熱量なんて仕事の世界の人たちにとっては当たり前の最低ラインなんだよ。
うちらがお客さんとして「こいつ下手くそだなー」とテレビ見ながら思ってる人たちだって、当たり前にそのくらいの努力はしてるんだよ。それでアレなんだよ。そんな簡単にできる世界じゃないんだよぉ。

若いメンバーに「郁さんに負けないように」的に思ってもらうことを嬉しく思うと同時に、そんな低く目標設定したらあかん。→ 間違った指標になったらあかん。とよりガンガン頑張りました。

N~ing郁003.jpg

そう、そろそろこういう自主公演の現場では年長チームになることが多くなってきたのです。
当たり前です。
いつまでも「俺、下手くそですから」と甘えずに、これまで先輩方はじめ業界からいただいた恩を忘れず、下に返していく。もちろん自分自身を鍛えながら。。。
そういうことも沢山感じた今回の公演でした。

今公演に関わった皆様、本当にありがとうございました。N~ing装置001.jpgN~ing郁004.jpg
posted by イク at 12:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月10日

5月 殺陣ワークショップ!!

5月殺陣ワークショップ開催します
935364_281719938631140_511981138_n.jpg

会場 市民交流センターよどがわ(JR東西線加島駅下車)
〒532-0031 大阪府大阪市淀川区加島1丁目58−8


5月20日(月) 19:00〜21:00 アクション
5月22日(水) 19:00〜21:00 殺陣・基本編 (参加費1500円)
5月27日(月) 19:00〜21:00 アクション
5月29日(水) 19:00〜21:00 立ち回り・本番精度まで近づけてみよう

12017_281719895297811_1264038151_n.jpg

の4回を行います
各回独立したワークショップです。
参加費は2000円/1回 (22日を除く) です。
動きやすい服装でご参加ください
殺陣の日は帯にできるものと、あれば木刀を(ない方にはお貸しします)

22日は、難しいことを抜きにして基本稽古に徹底したいと思いますので、初めての方や久々に基本をやり直したい方にお勧めです。
24日は、普段一つのテーマを体験するというところで終わっているワークショップを、本番に魅せるということを想定して作りこむという内容を考えています。

参加希望の方はメッセージ、またはiku_aoyama@yahoo.co.jpまで
・希望の日時
・お名前
・人数
・(殺陣の場合)木刀の有無
をお書きの上、お申込みください

みなさんの参加をお待ちしています!!
希望者はWS後、みんなで一杯ひっかけて帰るアフターも恒例となっておりますので、どうぞそちらも。
いい汗かいて、美味しいお酒を飲みましょう◎
posted by イク at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

告知と明日からの予定


【明日の告知と来週からの日程】

いよいよ明日、明後日が本番!!
まだまだチケットあります!あります!!
どうか見にきてくださいませ!
 「ゆらゆらゆれる」「201X」 北加賀屋駅 カナリヤ条約にて
   土曜日 16:30 20:00 
   日曜日 17:00
   前売り2000円(1ドリンク付き)
です!!
http://ikuhiko.seesaa.net/article/359794279.html


そしてっ!!
取り急ぎ、来週からの予定をバババッと決めました!!

5月15日〜17日 北海道旅行 15日と17日、会える人募集!16日は古巣の登別時代村へ行ってきます!!!
5月18日19日  新世界居酒屋「春」 久々の春。マスター舞台で不在を郁が頑張ります。時代劇役者イベント。白塗り・かつらでカウンターに入ります
5月20日  殺陣ワークショップ 「アクション」 加島 市民交流センターよどがわ
5月22日  殺陣ワークショップ 「刀・基本」 加島 市民交流センターよどがわ
5月23日  宝塚交流会 CHEES!!宝塚
5月25日26日 新世界居酒屋「春」
5月27日  殺陣ワークショップ 「アクション」 加島 市民交流センターよどがわ
5月29日  殺陣ワークショップ 「立ち回り」 加島 市民交流センターよどがわ
6月2日   一人芝居&女形舞踊ショー 北加賀屋ク・ビレ邸
6月5日   空手道今野塾昇段審査!!(東京)
6月6日   イーストンズ観劇
6月8日   日本俳優連合アクションライセンス審査!!


皆さん、よろしくお願いいたします!!
posted by イク at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 郁句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

井上ひさしさんの「木の上の軍隊」

2013051000110000.jpg おはようございます◎
 朝食を取りながら、こないだ録画しておいた井上ひさしさん最期の作品というドキュメンタリーを見てました。

 圧倒されました。

 作品をつくるというのは、これほどのことなのか。
 藤原竜也さんや片平なぎささんの台詞回しが、また凄い。ラストシーンだけでほほに涙が。


 下手くそな自分だけど、心意気だけはこれらの人に並びたい。もっともっとやらなくちゃと思いました。素晴らしい番組、ありがとうございました!!
posted by イク at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月09日

5月3日の。。

935364_281719938631140_511981138_n.jpg944339_281720075297793_1247668088_n.jpg12017_281719895297811_1264038151_n.jpg931358_281719915297809_244448703_n.jpg264500_281719755297825_295537746_n.jpg一時間のショーの中に、よくもこれだけ盛り込んだ\(^o^)/


次回のサンヘルスは
お盆だよ、郁ちゃん花峰ちゃん三度登場!
8月16日12時&17時
決定しました!

愛知県刈谷市
サンヘルスさとの湯 境川健康ランドです
posted by イク at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月08日

告知っ!


週末の舞台の告知です!!!
本日フェイスブックに大量の東北関係の記事をアップしましたが、ここから脳みそを切り替えて週末舞台へと完全集中体勢に入ります。
まだまだお席ございます。
ぜひぜひ見に来てくださいっ!!

IMG_3074.jpg

今から遡る20年前の高校時代(え!?そんな昔\(◎o◎)/!)
青山郁彦を演劇の虜にした演出家、銀幕遊学◎レプリカントの佐藤香聲氏
その佐藤氏と劇的再会の末、佐藤演出作品デビューを飾ったのが2012年春。

あれから1年。
今度は佐藤演出のセリフ劇に出演することが決まりました!!!!
台本はこの1年、北加賀屋で自分の出演する舞台を全て「おまかせ」で照明をつくってくださった仲原時雨丸!
すでに連日猛烈稽古中。
アーティスティックな演出を信条とする佐藤氏の作品は、一筋縄には行きませんっ
これまで培ってきた、アクションで鍛えた身体能力、舞踊で培った身体表現、時代劇で鍛えてきた台詞表現、武術稽古で培った身体感覚、人間青山郁彦37年、全て出し切って挑みます。

普段の明朗闊達(明朗快活)な舞台と違い、か〜な〜り、アーティスティックな作品。
2作品の内の1作品は、全編ロックバンド「QUEEN」の楽曲というエネルギッシュな演出。
伝説のロックバンドの楽曲に真向勝負するその作品では主役を演じさせていただいてます。
あなたの想像力をかき乱す!佐藤香聲X仲原時雨丸X青山郁彦!!!
どうぞ、ご期待ください。
チケット申し込みは、郁彦まで(^^)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆  公演詳細  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「N〜ing」

関西小演劇界で殆ど知られていない無名劇団Re!BIRTH!!の主宰仲原時雨丸と、関西小劇場界にその名を轟かせている銀幕遊學レプリカントの演出家佐藤香聲氏のコラボレート公演が実現、上演作品は「201×」と「ゆらゆらゆれる」の2作を一挙に上演いたします。身体的表現を取り入れた「201×」会話劇でありながら一風変わった構築の「ゆらゆらゆれる」全く趣の異なったこの作品を、演出家佐藤香聲氏がどのように演出するのか?それを知りたければ是非劇場までお越し下さい。

そしてその時、あなたの今と未来が劇場で交差する。

公演日時

5月11日 16:30〜 20:00〜
5月12日 17:00〜
(受付は各ステージの上演時間30分前より開始、開演と上演開始は同時刻からとなります)

公演場所

◎工場跡を改装したアートスタジオ「カナリヤ条約」
大阪市住之江区北加賀屋5丁目5番35号
地下鉄四ツ橋線「北加賀屋駅」下車
http://canaryconvention.wordpress.com/ (PCまたはスマホ推奨)

CAST

青山郁彦
桐子カヲル
hosoyan
末次祐基(Production Dayze)
荒堀秀将(劇団スターダスト日本)
川崎由佳(Re!BIRTH!!)

料金(1ドリンクつき)

一般前売 :2000円
当  日 :2500円
KCVメンバー :1500円
posted by イク at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 郁句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。