2013年03月14日

諏訪神社の狛犬

長崎の諏訪神社は狛犬だらけ!

何重ぬも続く鳥居の大階段
NEC_1964.JPG

かつて参拝の混雑で迷子多数のためにできたもの!!まよひ子志らせ石
NEC_1965.JPGNEC_1966.JPG

入口の狛犬 超はと胸!!
NEC_1967.JPGNEC_1968.JPG

階段はまだ続く
NEC_1969.JPG

祓いの祠の狛犬は立ったり跳ねたり
NEC_1970.JPGNEC_1971.JPG

止め事成就の狛犬にはコヨリを足に巻きつけよ!
NEC_1972.JPGNEC_1973.JPG

狛犬から清めの水をいただこう
NEC_1975.JPG

願掛け狛犬は台座が回ります
NEC_1976.JPGNEC_1977.JPG

蛭子神社の狛犬はかっぱです
NEC_1819.JPGNEC_1832.JPG

八坂神社の狛犬は雄々しい
NEC_1833.JPGNEC_1834.JPG

石造り狛犬一対は巻き毛のたてがみ
a href="http://ikuhiko.up.seesaa.net/image/NEC_1833.JPG" target="_blank">NEC_1833.JPGNEC_1834.JPG

トゲ抜き狛犬は心のトゲを抜いてくれます
NEC_1834.JPG

本伝からは長崎市内が一望
NEC_1846.JPG


阿吽の像の代わりに唐人船と御座船があり
NEC_1856.JPGNEC_1857.JPG

その足もとには金色の狛犬が
NEC_1853.JPGNEC_1858.JPG

横の鳥居にももちろん狛犬
NEC_1862.JPGNEC_1863.JPG

庭園には、公共公園としては日本初の噴水が
(さすが文化の出入り口。長崎には日本初というものがゴロゴロあります!!!)
NEC_1866.JPG

高校時代のモダン館白濱さんと田中さんが1年に340日は稽古していたという石舞台稽古場にて
長崎開港の立役者・長崎彦左衛門像と。偉大なる先人に感謝と涙が尽きませぬ。NEC_1909.JPG


これが、長崎お諏訪大社だー!!
NEC_1859.JPG
posted by イク at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お礼

本日はホワイトデーですね(*^^*)

1ヶ月前
手渡しで、郵送で、舞台の差し入れとともに、ワークショップの時に、、、
チョコレートを皆様ありがとうございました(>_<)

公共のブログを通じ、一括ですがお礼を言わせていただきます(*^^*)
皆さんの応援、期待、激励、叱咤あってこそ、今現在の自分が存在できているわけであります。

これからも青山郁彦という道を深め、進み、極めていきます。
チョコレートを送ったかいがあったと思ってもらえる作品、舞台、人間をつくっていきます!!
今後ともよろしくお願いいたします!!
posted by イク at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『長崎演劇観光案内』

image.jpg謎のモダン館代表白濱隆次氏や元・北区つかこうへい劇団の田中竜一氏が青春時代、一年に340日稽古したという石舞台。長崎開港を進めた長崎甚左衛門像が見守ります。歴史の立役者でありながら追放された彼。「汝の祖先を思い汝の子孫を思え」は、まさしく今回の舞台のテーマではないか。
30数年の昔、日夜汗を流した彼らがいたからこそ、自分も今こうして共に演じることができる作品があるのだ。
複合的に様々な思いに包まれながら、ただ、感謝である。
posted by イク at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲストハウスにて

昨日の稽古は、本番迫ってきたこともあり、それぞれの熱量が非常に高く、「そうだ、この熱量に浸りたくて、俺は長崎までやってきたんだ」と感じる稽古場でした。

全てはご縁なのですが、和気あいあいとした中に、ヒリヒリと肌がそばだつ緊張感。
代役を努めながらも、神経空っぽになるまでエネルギーを使い果たす。
ガクンと体力ゼロになる。
その分また体力的にも大きく成長できる。
できてたら、いいな。

本番まであと2日!!
posted by イク at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。