2013年03月09日

no-title

image.jpgやりきったーっ!

今日は土曜日で、前回とお客さんの数が段違い(οдО;)
スロースタートの予定がはじめからアクセル全開。
縁起よしのラッキー7連バク転や、無限側転などなどなど
紙切りも楽しんでいただき、大いに盛り上がりました\(^O^)/


さぁ、いよいよ蠍城の麗人です!
posted by イク at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

船内ライブ

2013030918330000.jpg乗船しました!
ライブ開始に向けて、ウォーミングアップ開始!
大阪南港発新門司行き、名門大洋フェリー。青山郁彦ワンマン一時間ライブです!
posted by イク at 18:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

殺陣ワークショップ【群衆】

昨日の殺陣ワークショップでは、一見殺陣とは関係ない、でもとても大事だと感じている内容を行いました。

一人対複数の立ち回りの場合、
複数側、いわゆるカラミの人たちがとても大切であります。
カラミ次第で殺陣は生きもし、死にもします。

自分の手と手の間をいかに埋めるか。
対決している芯を見ているだけでなく、俯瞰で舞台全体を感じる自分が存在できているか。
芯とだけでなく、カラミ同志でも共演・感じあうことが大切だと思っています。
自分の形・動きも大切。でもそれと同じくらい、ひょっとしたらそれより何倍も全体で作ってるという意識を持つことが大切なのです。

●千鳥の稽古
2列になり、左右交互に芯に向かって斬りつける、いわゆる千鳥の稽古
・テンポを一定に保つ
・空振りをした時の表現
・刀ははずして斬りに行くが心はきちんと相手を斬りに行く
・スタンバイ時の構えを全員違う構えを取る

●立ち位置と絵的バランスの把握
宝塚北高校演劇科時代の授業でやった内容をアレンジ。
自由に歩き、号令とともに指定された場所へ一気に移動、全員で一つのポーズをとる。
・前後被らない位置取り
・瞬時にお互いのポーズを感じとり全員が違うポーズをとる
・移動時の刀の安全性

●横一列に並んで抜刀
まずは号令に合わせ、全員一気に抜刀
続けて端から順番に1人づつシャキンシャキンシャキン・・・という具合に抜刀
シャキンシャキン・・・全員抜刀したところで全員で「おー」と声をだして構える
・抜刀の安全性
・左右の人間を感じる
・全員で揃って「おー」というためには、どのようなことが必要か、感じ、考える
・お互いを感じる力も必要だが、同じくらい伝える力も必要。キャッチボールは投げるも受けるもできて初めて成立する。

●立ち回り1対2
片方が明らかに手と手の間に時間がある。それをいかに埋めるか。

●立ち回り、2対3(撮影でおこなった甲冑武者対鬼の殺陣)
乱戦。それぞれの目的をしっかりと持ち、立ち位置の成立、間の埋め方。応用実践編


今回は殺陣を使った演劇ワークショプといった内容になりました。
しかし実際に作品の中で殺陣を行う場合は、このようなことがとても大事になってきます。
少しでも垣間見てもらえたら嬉しいなと思いました。

次回のワークショップもお楽しみに!!
posted by イク at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。