2012年09月30日

パーフェクトスタイル5!

image.jpg千秋楽、いよいよ俺の最後の出番!!行ってきます!!!
posted by イク at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

no-title

2012092923550000.jpgパーフェクトスタイル初日諫早市独楽劇場公演、無事終了!どの演目も凄くパワフル!2時間半の超ボリューム!(昼は休憩時間の兼ね合いで3時間弱ありました(笑)) さぁ、今日は2日目にして千秋楽。長崎市ブロンクスにて乗り打ち2回公演です!手拭いも販売してます!
posted by イク at 07:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月29日

no-title

2012092907290000.jpg我々関西組の素敵な宿泊地。ダンディな門番様が夜を守ってくれました。いよいよ本日本番。諫早市独楽劇場にて14時半と19時から!!大阪と長崎の計7組の芝居が一気に見れます!!
posted by イク at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長崎は恋の町?

2012092815280001.jpg長崎入りました。
長崎みかんにまだあってないので
恋のトキメキはまだだけど
舞台のリハを終えて強者結集のドキドキは本物です
明日がいよいよ第一日目
関西と九州のこの一座で
忘れられない舞台を創ります!!
posted by イク at 05:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月28日

バイトで来た駅だ!

JR「鳳」駅を通過。懐かしい。フリーになって最初の数ヶ月、バイトバイトに明け暮れた日々。止まると鬱になるのもあったけど、単純肉体労働、目に見える成果、程よい疲労と難しくない作業内容が何よりの癒しだった。

ここ「鳳」も、アリオの建設で出入りした。
狛犬にはまっていた時期だから、就業の前後や昼休みに近くの神社をナビで検索して写メしに行って。。
和歌山の作業の時は休憩時間にダッシュで和歌山城へ行って無理やり観光したりした。

楽しむことに必死だったなぁ。
自分を取り戻したくて必死だったんだ。
完全に腐っていたから(^-^;
天然水の配送ドライバーの内定受かっていたし、このまま人に知られず消えていくんだと思っていた。
完璧に後ろ向き。
あの肉体労働の日々がなかったら、救いの仕事のお話も受けれていたか
多分、完璧に役者としては終わっていたでしょう。辞めるつもりだったから。

役者復帰して、巡業ばかりとなり、
アパートを引き払って実家に帰ってからは全くバイトをしなくなったけど、その分もっとがつがつやるか、やっぱり部屋を借りて家をでるべきじゃないか、そしたらもっと稼がなくちゃ、とか
そんなことを考えたり。

移動時間て、考えごとをしちゃいますね
posted by イク at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10月の予定

9月29日30日 一人芝居とコントの祭典 出演!!

10月1日 観光☆\(^o^)/

2日3日 門司、11月の天の岩戸芸術祭(?)打ち合わせ、というか観光☆
深夜フェリーで帰阪

4日5日 WS公演のオーディション。皆さん、申し込みは10月1日までですよ!

WS稽古日決定後(計15回ということは最低週二回??)、すぐに通常の殺陣ワークショップの日にちも決めて告知します!

6日7日 新世界居酒屋「春」久しぶりに入ります!遊びにきてください!

以下ズドーンと未定(笑)
WS次第で色々予定詰めていくつもりです。
なんだか秋は散財の予感(^-^;

10月13日 居酒屋「春」
10月20日 境川健康ランド出演
10月26日27日 稽古、上京予定
10月28日 ク・ビレ邸ライブ(予定)
posted by イク at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

思い出した!

俺の一人芝居がもともと原作つきのものであった理由

民話を掘り起こすというのはあとから生まれたやりがいであって
第一弾が「郁版・桃太郎」
なぜ、誰もが知っている話を題材にしたか

それは、骨の髄まで大道芸というフィールドで演劇をしようとしたからだった
1人になって、大道芸の祭りに呼ばれ、でも役者として再起をし始めたところ、役者としての作品で勝負しなくてはならないと自分自身に課したところ
最大の難点が

ドラマは全体を通して感じてほしい
大道芸としては途中から見ても参加できるものにしたい

という点だったのだ。

大須火吹き002.jpg

完全なストーリーものにしてしまった場合、物語が難解になればなるほど最初から見ていないお客様には意味が分からない。→見てくれない
ということは、一度スタートしたらお客さんは減ることはあっても増えることはない?

そこで思いついたのが、誰もが知ってる物語を題材にすることで
物語全編通しても楽しめるし
途中から見ても登場人物や今何の話か理解できる
ということだった

時期は、ちょうど大衆演劇を始めたばかり
大衆演劇の台詞では、物語といって、何回もおんなじことをシーンがあることにとても疑問を持っていた時期だった。
序幕で、ある悲劇が起こった。2幕で実は数年前にこんな悲劇がありましたと自己紹介する。クライマックスで、今をさかのぼること数年前・・・と台詞になる。

なんじゃこりゃ!時間稼ぎか!?と最初は思いました。
しかし違うのです。きっと違うのです。
大衆演劇、昔はかけ小屋。大道芸とまではいかなくとも、今のようにお行儀よくお客様が見ていた状況でなかったのかもしれない。
途中から入ってきたり、雑談したりしながら、
故にシーンが進むたびに、ちょいと復習が入る。この人は、こんな苦しみを背負った人なんですよと、復習しながら繰り返し繰り返しお客様の頭に刷り込んでいく手法。
また、うちの劇団のお客様は年配層が多いので、やっぱり大事なことは何回か繰り返すのかな、とも。

テンポと足の速い現代の大道芸で、繰り返しの説明を多用するのは危ないと思った俺は、初めての題材を「桃太郎」としたのだ。
そこからもう、『大道講談』だったのだ。

忘れてました。
だから、今後俺の一人芝居は演じる場所にしたがって、この概念に縛られる必要はないのです。これは俺のスタイルでもなんでもなく、大道という場所で演じるために見出した、一つの手法だったのだから。
posted by イク at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

今月も早かった

2012092714580000.jpg9月ま今日を入れてあと4日!
いよいよ明日から長崎上陸です。
今月は早かった〜。

狂言×コンメディアデッラルテでスタートして
殺陣ワークショップを二回
東京沢竜二公演に
ク・ビレ邸ライブ
殺陣ワークショップをして
長崎と。

四年ぶりの作品。
やはり四年前のままでは納得できない箇所がでてきていて、
自分自身の変化を感じています。

一方、自分の一人芝居は創作時の現在性がとても強く、33の俺の世界を37の俺がどう取り組めるのか、ということなのかと感じます。
そう、そこにはむき出しに切り取った33歳の俺がいるんです。
自分自身の一人芝居だから、完全あて書き!
俺が昔に戻るのではなく、37歳になった俺が33歳の俺の世界とコラボレーションするのだ。


ク・ビレ邸での公演を終え、長崎に向けてまた新しく生まれ変わる市坊仁太三太。
9月のトリを飾るのは、この演目だ!!


皆さん、全国から応援よろしくお願いいたします。


posted by イク at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月25日

魅殺陣屋に行ってきました

今日は夜に時間が取れ、行きたい選択肢が沢山あったのですが、筋肉を大きく動かしたいという衝動で、観賞、武術、でなくアクションの稽古に行ってきました。

萩原さんの主催する魅殺陣屋は、ウォーミングアップからハードということで有名(笑)
二年ぶりくらい?の参加、普段使わない動きばかりで、体がよくほぐれました。行ってよかった。
うん?よくほぐれた??

そうか、と気づく。

時代殺陣や舞踊では使わない動きだが、先月のコンメディアデッラルテと共通するものがあるんだ。
アリゲーターも出てきたし♪
カエルジャンプも共通だ

だから二年前よりも楽に動けるんだな

あと、昨年からえんともさんに助けてもらいながら取り組んでる身体の使い方の改革
前転ジャンプなど、以前はもっとふとももの筋力を使ってやっていたものが、内側の筋肉や体幹を意識してきたおかげで前転の勢いをそのまま伸び上がる勢いに転化できた感じがする。
とにかく連動する動きの中のジャンプが楽になったのだ。
無駄なエネルギーを使っていたとは、こういうことか!

横飛びの動きなどをすると、やや膝に負担がかかる。
これは正しくない着地で部分に不可がかかってるんだ、と思うように。
以前なら単純に膝と爪先の向きと結論つけていたところだが、それよりもっと内側に大事なことがあると。
勿論、昔から左膝はデリケートに扱ってきたのだが、その時とはまた違う感じ。
今日はこういう運動をするべき日であった!

ウォーミングアップが終わると
アクションをやるつもり満々だったのですが今日は殺陣の日でした(笑)
しかし先日のチャンバラ武塾に続き、魅殺陣屋の殺陣と、普段と違う手をやるのはとても勉強になります。
肉体的動きへの欲求はウォーミングアップで満足していたし、
パンチやキックでツイストやシフトチェンジ、ハイキックで腹筋や側筋の動きをやりたかったが、
長崎の本番を控え、首のリアクションから筋肉痛になって支障がでたらどうしよう(前科あり)、という不安もあったので、アクションでなくてよかったのかも。。

他の練習生さんと一緒に列に並び、
芯を交代しながら人数分だけ順番が回ってくるので、じっくりと稽古ができました。

殺陣が終わるとマットの時間。
ラッキー!
ちょっと一人稽古するのは危ない位、期間が空いてしまっていた側宙と飛び込み前転を稽古させてもらいました。
また、前転から後転、もろもろも、一人でやるのと人がいるのでは全然違うのですね。マットの上では一人なのに。不思議です。
この感覚を生かして、自主練できちんと取り戻してしまおう!


今日は、稽古できる場所、稽古できる人がいるということは、とても幸せなことなんだと感じた稽古場でした。
自分のワークショップもそのように感じて来てくれてるのかなぁ、と思ってみたり。。

自分もワークショップを主催したり、指導もしている身と知りながらも、稽古をさせてもらえる場所があるというのはありがたいですね。
東京の林さんの稽古も、また行きたくなってきました。
posted by イク at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グッズ

2012092515160000.jpgこんなんするの、どこの芸能人きどりか(笑)なんて思っていましたが、、
時代劇が増え、よく役者さんが共演者に楽屋で配ってたり
また、長崎で何かグッズ販売しませんか?という甘い誘い
グッズないなら何か作っちゃう??
調子こいて作ってしまいました。

青山郁彦手拭い!!


本日届きました
超バタバタするなか打ち合わせを進め、
本当に作ってしまいました(笑)
posted by イク at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

殺陣ワークショップでした。

昨日は殺陣ワークショップでした。
普段と違って、少し派手な立ち回りをやりましょう、というテーマだったのですが、
多少はじめの予定から変更し
無手対刀の奪い合いの立ち回りという内容となりました。

少し武術的な要素を取り入れ
逆足であったり、体を使っての崩しであったり

昨日の内容に若干補足を加えますと
殺陣の動きは基本的にナンバの動き というのは殺陣をやってる人はだいたい頭には入っていると思います
袈裟切りや抜き胴を行った時には、自然に体も斜めまたは横を向き、
腰をひねらない体使いができていると思うのですが

これがいざ、相手から物を取ったり、相手を崩す、倒すという動きになると
上半身だけになる、腰が入らない、腕で処理しようとするからお尻が出る・・・
などの現象が起こったりします。特に女性に多し
なので今回は足から、腰から、体幹から動く動作を取り入れ、よりスムーズに殺陣を運べる体を感じてもらおうと行いました。

ワークショップ中、いつもよりも足のことをいうことが多かったと思いますが、それはこんなわけでありました。
体幹で動けるようになると、きっとそれまで以上に刀が扱いやすくなると思います。
さてさて参加された皆様はいかがだったでしょうか。。


昨日の立ち回り
○が無手●が刀
●が首を突いてくるのを○左リュウネン立で捌き、右足を送って崩す
○崩した相手の刀を左から右へふりながら奪い、首を斬りに行く
●その刀、または○の手を蹴り上げ、反動を利用して起き上がる
○起き上がる●を切り上げで追う
○真向を斬りに行く●一歩踏み込み十字受けで止め、チョウガエシで刀を奪い、右胴峰うち、返す刀で左袈裟○斜め後方へ下がって捌く
●刀を刃に返し右脇構えより胴を斬りに行く
○踏み込んで柄を止め、左引き寄せながら上、右と方向を変え、●を正面向きの片膝状態へ追い込む
○刀を奪い、逆手に持ち替え、●の右首筋より左わき腹目がけて串刺しに
posted by イク at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月24日

ク・ビレ邸ライブ

267428_370249889718319_2042578359_a.jpg本日二回公演、ク・ビレ邸パフォーマンス。
両回ともに盛況で終わりました☆
女形舞踊も昼、夜ともに違った雰囲気でお客様と一体感に包まれた舞踊ショーとなりました☆
夜は渾身の一人芝居。カフェ空間というある種特殊会場。誕生したときの大道の空気を思い出す。
演じながら、作品的にも演じる自分にも、4年の年月を感じます。
今日、4年前の「市坊〜」を見てくれた方からも、変貌ぶりの感想をいただきました。心の中でガッツポーズの瞬間でした。うっしゃ!
確かな手応えの中、一人芝居はこれより長崎に向けて劇場仕様に改良稽古に入ります。長崎の皆様、乞うご期待!

写真は昼の部の舞踊ショーより。
posted by イク at 04:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月23日

本日!

2012092312450000.jpgク・ビレ邸、昼の部盛況にて終了!夜の部は20時から!!一人芝居&女形舞踊ショーなり◎
posted by イク at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

チャンバラ武塾

2012092020540000.jpg四條畷のチャンバラ武塾の稽古へ行ってきました。
今日は広い体育館だったので、棒の立ち回り。
野内師範の稽古の進め方に、なるほどと勉強になること沢山。

チャンバラ武塾の塾長、野内師範は商業演劇では知らぬ人はいないと言われる有名な殺陣師さんであります。
刀対棒四人の立ち回り、皆さん四苦八苦(*^^*)
振り付けが終わった時点で、「青山ちゃん、行ってみるか」とバトンタッチ!?
一回見ただけでしたが、なんとか手順は入ってました。29手の立ち回りでした(^o^;)

塾生の皆さんの成長も素晴らしく、うん、みんな頑張れ!!

清々しい気持ちで帰ってきた郁彦でした。
posted by イク at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月20日

「一坊・仁太・三太」再び!!

23日に北加賀屋ク・ビレ邸で行うステージ。
昼夜でチャージが違うのでどうしようと一晩考え、
夜の部は、来週長崎へ持っていく「白山の敵討ち」を、北加賀屋で上演してしまおうと決めました!!
本番まで4日!集中的な稽古となります。
大道パターンのセルフオペレーションスタイルへの作り直しも必要となりますが、
この作品、フリーになって一年目。
心配をかけたそれまでのお客様に、郁彦新しいスタートを切りましたとの挨拶の気持ちを込めた2008年12月の「青山郁彦 大道講談2本立て」で上演した作品。
誕生は、今のスタイルを生み出すきっかけとなった白山の大道芸の祭りの中、自分がこの先この世界に生かしてもらえるのかという挑みの創作、現地滞在中に作り上げ、千秋楽で発表した「郁版・桃太郎」と並ぶ、ある意味初の一人芝居であります。

4年たち、身の回りにはその頃の自分を知らない人たちの方が多くなり、いつか大阪でも再演をしたいと思っておりました。
本公演的な勢いの作品です。
ぜひご覧ください!!

大道芸.jpg

◉青山郁彦 時代劇バラエティー&女形舞踊ショー

【日   時】2012年9月23日(日)昼の部 開場:14:30頃 開演:15:00頃
                  夜の部 開場:19:00頃 開演:20:00頃

【会   場】ク・ビレ邸
       adrress:大阪市住之江区北加賀屋2丁目8番8号
      【徒歩案内】四ツ橋線「北加賀屋」駅4番出口左側の道を北へ20M
        →3つ目の角を左折(西へ)
        →ひとつ目の右角/ク・ビレ邸

【料   金】昼の部:1,000円(1ドリンクつき)
       夜の部:1,500円(1ドリンクつき)

【問い合わせ】06-7492-7504(15:00 – 22:00)
posted by イク at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月19日

【告知】公演つき、時代劇ワークショップ開催

!!?殺陣、じゃなくて、時代劇のワークショップだった\(◎o◎)/!
ちょっと動揺してます、郁彦です。

北加賀屋発進の企画で、ワークショップ参加者を募っております。
殺陣を中心に、舞台発表まで持っていくワークショップ。
募集は10月1日までです。
上演を通して、今、自分が大切に感じていること達を伝えていこうと思っています。
熱き参加者を待っています!!
以下詳細

http://canaryconvention.wordpress.com/2012/09/01/%e6%99%82%e4%bb%a3%e5%8a%87%e3%81%ae%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%97%e9%96%8b%e5%82%ac%ef%bc%81%e6%ae%ba%e9%99%a3%e3%82%84%e7%9d%80%e7%89%a9%e3%81%ae%e6%89%80%e4%bd%9c/

上記サイトより抜粋

今、舞台や映画で話題の作品といえば「時代物」。ソード・アクションやエクストリーム・チャンバラといった殺陣やアクションが豊富な作品のファンも多いはず。そこで時代物に必要な基本演技や身体表現を体感できる「時代劇ワークショップ」の開講が決定!
講師は大衆演劇や小劇場演劇の舞台俳優で、創作新舞踊の女形としても活躍する青山郁彦氏。どんなジャンルの舞台俳優にも必要とされるセリフ回しや基本動作を実践していきます。さらにはワークショップの成果を試す舞台公演も用意。同氏の作・演出による作品の上演で締めくくります!

ワークショップ受講応募締め切り
 2012年10月1日(月)
オーディション
 20120年10月4日(木)・5日(金)
ワークショップ&稽古(リハーサル)
 2012年10月中旬〜11月中旬
舞台作品の上演
 2012年11月23日(金・祝)24日(土)

【募集内容】
殺陣やアクション、立ち居振る舞いを主体にした舞台作品の上演を目的とし、セリフ回しの基礎トレーニングや殺陣のワークショップを実施します。すべての課程の終了後、その成果を発表するための舞台公演を開催します。

【応募条件】
・18歳以上の健康な男女
・国籍不問
・経験不問

【受講料】
15,000円
※最終課程の舞台公演に際して小道具や衣装など、一部の必要経費がかかる場合があります。

【募集人員】
男女20名

【締め切り】
2012年10月1日(月)
※郵送の場合、消印有効

【選考方法】
書類選考後、面談とオーディションを実施します。

【スケジュール】
・オーディション:10月4日(木)・5日(金)
・ワークショップ:10月中旬から11月下旬(1回あたり3時間程度で、合計15回程度の開催予定)
※ワークショップの日程については、オーディション終了後、参加者のみに通達します。
※参加者からの要望で日程を調整させていただく場合もあります。
・舞台公演:11月23日(金)・24日(土)

【公演参加条件】
本人および所属団体にも下記条件を承認していただきます。
・ワークショップおよび公演は大阪市内(住之江区北加賀屋)
・舞台公演に際してのチケットノルマなし
・舞台公演に際して、出演者が予約または販売したチケット代金の一部をキャッシュバック


【応募方法】
郵送で
下記の項目を記入の上、写真2枚(全身・上半身)を添えて封書で送付ください。
(※印は必須事項)
1)氏名(フリガナ)※
2)住所※
3)電話番号※
4)メールアドレス※
(携帯メールアドレスの場合、PCからのメールを受信できること)
5)身長・体重※
6)現在の所属団体など※
7)これまでの活動記録(舞台公演や映画・CM出演など)
8)自己PR※(500文字以内)
9)質問事項

●送付先
559-0011
大阪市住之江区北加賀屋2-8-8
北加賀屋クリエイティブ・ビレッジ
インフォメーション・センター「ク・ビレ邸」内
「時代劇ワークショップ公演」係
注1)
締め切り日(10月1日)の消印有効

メールで
タイトルに以下を入力し、下記アドレスに空メールを送信してください。
受信確認後、応募に関する必要事項を返信いたします。

●応募先アドレス
「時代劇ワークショップ公演」係
audition@shoosen-kwan.com

注1) 携帯メールで送信される場合、PCからの返信メールを受信できる設定にしておいてください。 当方はPCからメール送信させていただきますので、携帯メールアドレスに送信できない場合があります。 注2) 空メールの送信後、48時間を経ても受信確認の返信がない場合、以下にお電話くださり、 その旨、お伝えください。 ク・ビレ邸:06-7492-7504(9:00〜12:00、19:00〜22:00、木曜定休)
posted by イク at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【公演日記】大暴れ!!沢竜二一家

大衆演劇の公演はいつも怒涛のように過ぎていくので、なかなか日記で振り返ることがなかったですね。
という訳で、今回は丁寧に振り返ってみたいと思います

13日 「小原庄助さん」
 福島県の有名人、小原庄助のお芝居。自分は大好きな大家の役。相方の米屋さんに若姫劇団座長の愛望美さん。花道からの登場で大暴れ。お客様もよく沸いてくれました(^^)
 舞踊では、関西に帰ってからずっと稽古していた棒の踊り。アクロバットをより生かす為に、新しい境地への挑戦の一曲です。

14日 「瞼の母」
長谷川伸の名作。こういう狂言は、大衆演劇に関わったからにはきちんと勉強して、遺していける役者になりたいと常々思います。飯岡助五郎と板前の善三郎を演じました。
ラストショーでは人生初のセーラー服〜忍び棟梁〜忍者と早着替え三役のアクロバット!頑張りました

15日 「お仲の命」
これまた長谷川伸の名作「刺青奇偶」
演劇の学校を卒業しましたが、だいたいが西洋の演劇史を学ぶことが多く、歌舞伎などのこういう芸題にふれることがなかったことに気づかされます。
もちろん、シェイクスピアもチェーホフもイプセンもブレヒトもギリシャ悲劇もちっとも勉強できてないんですけどね(><)

16日 「流転三度笠」
ものすごい久々に子分を演じました。いやぁ、楽しかったです。楽しすぎて声を枯らしました。うーん、未熟(><)

17日「火消しの長太」
主役の長太。千秋楽に大役を勤めさせていただきました。沢先生の公演だというのに、先生、ありがとうございました。


さて、大衆演劇は次回は12月18日19日の全国座長大会、浅草公会堂です。
随分間が空いてしまい、いきなりの大舞台!
久々参加の橘大五郎座長に、美空ひばりの相手役で有名な林与一さん、三代目水戸黄門の佐野朝夫さんと超豪華な顔ぶれ
頑張ります!!!
posted by イク at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【告知】9/24(月)殺陣ワークショップ

日にちだけ発表して告知も募集もしてませんでした(><)
来週月曜日、殺陣ワークショップを行います!!

今回は複数との立ち回りの中に、少しケレン味を入れた立ち回りをやってみたいと思います。
油断するとダンスになってしまいそう、でもはまれば派手でかっこいい
そんな動きを体験していただきたいと(^^)
スポーツの秋の始まりです!
皆様のご参加をお待ちしております◎


日程 9月24日(月)
時間 19時〜21時
参加費 2000円
持ち物 動きやすい服装、帯(または帯の代わりになるもの)、木刀(ない方にはお貸しします)
会場 大阪市立市民交流センターよどがわ
    〒532-0031 大阪市淀川区加島1丁目58番8号
    ◆JR東西線「加島駅」1番出口より東へ650m
    ◆梅田・十三より市バス「神崎橋」「加島駅前」行き、または阪急バス「加島駅」「阪急塚口」「西川」行きで「加島中」下車、南へ250m

参加希望の方はメッセージにて
●名前
●希望の日にち
●人数
●木刀の有無(ない方にはお貸しします)
を送信ください
iku_aoyamaあっとまーくyahoo.co.jp


15名にて定員とさせていただきます。

1642105827_189.jpg

講師紹介
青山郁彦 アオヤマイクヒコ
1975年生37歳
宝塚北高校演劇科 桐朋芸術短期大学演劇専攻 卒業
20歳〜27歳 日光江戸村系列テーマパーク、忍者劇場を中心に出演
以後独立、舞台・映像出演とともに殺陣指導・振付を行う
関西テレビ「ソードブル〜風刃の蓮」アクションスーパーバイザー
2011年、沢竜二一門大衆演劇竜劇隊・副座長襲名
posted by イク at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【公演情報】 9/23(日) ク・ビレ邸

5ク・ビレ邸2012020.jpg

今週末に迫りました、ク・ビレ邸のステージ
2月に町会の餅つき会に参加させていただいたご縁で
2/5 大道芸&女形舞踊ショー
3/21 青山郁彦&西原希蓉美 水曜歌謡舞踊ショウ〜一人芝居もやりますよう
4/24 初の昼公演 忠太郎〜船出の刻〜(再演)&女形舞踊ショウ

そして5か月ぶりに再びク・ビレ邸で演じさせていただくことになりました!!
内容はこれから詰めていきますが、秋の始まりらしい舞台にしたいと思っています。
今回は、昼・夜の二回公演
お酒を飲みながらゆっくり楽しみにきてください!!



サイト「ク・ビレ邸の密かな楽しみ」より
http://quvillezthe.wordpress.com/

青山郁彦氏の演技には妙味がある。それは関西小劇場の俳優にはない、客席を巻き込む空気感だ。彼の芝居の特長は熱血漢あふれるダイナミズムだが、その眼の奥は必ず客席をクールに凝視している。どの客がどのタイミングでのめり込んでくるか、あるいはあくびをするかを見抜いているかのようでもある。だから自分だけが熱くなって声を枯らしている関西小劇場の俳優とワケが違し、ケタも違う。もし客席で足を組み直そうもんなら、そこを目がけて青山郁彦の演劇が突き刺さることになるだろう。それはある種、エンターテインメントと取られるかも知れないが、決して演劇のタガが外れるのでもなく、場当たり的なウケ狙いでもない。いつも舞台に流れる空気感の密度を保ち、劇場空間を自分に巻き込もうとする演技の妙味である。

◉青山郁彦 時代劇バラエティー&女形舞踊ショー

【日   時】2012年9月23日(日)昼の部 開場:14:30頃 開演:15:00頃
                  夜の部 開場:19:00頃 開演:20:00頃

【料   金】昼の部:1,000円(1ドリンクつき)
       夜の部:1,500円(1ドリンクつき)

【問い合わせ】06-7492-7504(15:00 – 22:00)
posted by イク at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

始動!!

image.jpg早朝帰宅して昼までぐっすり。六種類という見ただけで病気になりそうな風邪薬を飲みながら、気分から切り替えようと散髪に!髪を切ってもらいながら一時間半喋り倒し。さぁ、週末のク・ビレ邸と来週の殺陣ワークショップの準備に入るぞ!!あ、車から荷物、、明日でいいや!
posted by イク at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。