2012年08月10日

出産

作品の産み出しにいつも思い出す二つのマンガ
「ガラスの仮面」と「映画・風の谷のナウシカ」

まだ形見えぬ作品を、待って待って待ち続け
イメージと情報だけ植え続け
あるとき突然、取り上げてくれとの声を聞き、一気に書き出す
ほとんど神頼みの作り方。
自分で作品を創れない俺にはいつもこれしかない。

思い出すのは、「ガラスの仮面」の紅天女の一心だ。

しかし、待ち続けられないときがある。
時間の制約。
そんなとき、無理やり取り出して、そこから掘り返し、作り上げていく
早すぎては、自分の狭い脳みその中だけの世界。何も面白くない。
しかし、熟す手前では広がりすぎた風呂敷に、こちらの脳みそもなすすべもない

思い出すのは「ナウシカ」の巨神兵

崩れないで!我が子供よ!!


例に漏れず、今回の水盤舞台も難産となっております。
どうしてこうなったか、深層心理に聞くしかないのですが、
これまでで最もスケールの広い作品群に位置するものに。
告知作業もままならない創作現場ですが、
数多くの皆様に見届けていただきたい作品をなってきました。
みなさま、8月18日、19日
北加賀屋カナリア条約
お願いいたします。



カナリヤ条約 presents 「水盤舞台 2012」
藝術中心◉カナリヤ条約の夏の風物詩「水盤舞台」に登場するのは、ダンサーや俳優、パフォーマーといった7組のアーティスト。バレエやダンス、日本舞踊や民族舞踊など、それぞれのフィールドで十分なテクニックやスタイルを磨いてきた表現者ばかり。1組あたりの上演時間は約15〜20分で、どの作品も「水」を使った意欲作になるのは必至。
また劇場の前庭スクエアをカフェ&バー・スペースとして開放。お気に入りのドリンクやフードを片手に多彩なパフォーミング・アーツを気軽にお楽しください。

【日   時】8月18日(土)開場 17:30 開演 18:00
         19日(日)開場 16:30 開演 17:00
【料   金】前売 ・当日共:2,500円(1ドリンクつき)
【出   演】栃村結貴子 / 青山郁彦 / 遠藤智子 / HARMONISM / 久保田寛子
       村本すみれ(MOKK)+関典子+坂下七海 / 藤下久美子 / 傳谷望
       (出演順不同)
posted by イク at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。